東日本大震災追悼イベント第10回 多賀城・万灯会〜鎮魂の灯〜

新型コロナウイルスの影響により昨年は中止となりましたが、今年は震災から10年の節目という事もあり、感染症対策を行いながら可能な範囲で開催する予定です。今年はメッセージ紙コップの受付は行わず、規模も縮小となりますが、ご理解・ご協力下さいますようお願いいたします。

「第10回多賀城・万灯会〜鎮魂の灯火〜」

【日時】 令和3年3月11日(木)
17:30〜 灯明皿、LEDキャンドル点灯
     黙とう、NPOゲートシティ多賀城代表 挨拶
18:30  消灯

【場所】 JR仙石線「多賀城駅」駅前広場

【内容】(参加無料、どなたでも参加いただけま)
●市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込めて、灯明皿に火をともします。
●紙コップをLEDキャンドルで点灯し、「3.11」の光文字を作ります。
(光文字の一部に昨年使用できなかったメッセージ紙コップを使用します。)
※感染予防対策のため、今回はメッセージ紙コップの受付は中止いたします。
※ご供花、ご供物などは受付ておりません。
※今後の万灯会開催のため募金箱を設置しておりますので、ご協力をお願いいたします。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況、当日の天候によっては開催を中止する場合があります。あらかじめご了承ください。


【主催】NPOゲートシティ多賀城

【協力】TAP多賀城/多賀城マルシェ実行委員会/(公社)塩釜青年会議所/理研食品株式会社/多賀城・七ヶ浜市民活動団体等連絡協議会/アサノ タケフミ/タガレンジャー
【後援】多賀城市/多賀城市教育委員会/多賀城工場地帯連絡協議会/多賀城・七ヶ浜商工会/多賀城市観光協会/多賀城市婦人会連合会

万灯会チラシ(PDF)

Facebookページを更新しています

令和元年台風19号災害報告論文を公開しています

令和元年10日12日〜13日かけてに日本列島を横断した台風19号で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。また、被災地域の一日も早い復興をお祈りいたします。
東北歴史博物館学芸員・柳澤和明さんより当会の活動に関連した資料として台風19号による災害報告論文を特別寄稿いただきましたので公開いたします。

台風19号報告要旨(PDF)

台風19号災害報告WEB公開用(約8MB/PDF)

東日本大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に心からお悔やみを申し上げます。また、被災地域の一日も早い復興をお祈りいたします。
また、震災に関連いたしまして、貞観津波と多賀城史跡の関連についての論文を公開いたしております。

貞観地震・津波からの陸奧国府多賀城の復興

事業紹介

「多賀城と世界遺産平泉」を公開しています。

2011年平泉が世界遺産に登録され、日本のみならず世界から注目を浴びています。平泉の世界遺産登録に尽力された、前東北歴史博物館館長 工藤雅樹先生はその著書「平泉への道」の中で多賀城などの古代城柵の関連性を指摘しておられました。
注目を浴びる平泉と多賀城の関連を知っていただきたく、ゲートシティ多賀城は、多賀城政庁と平泉の関係の解説を多賀城跡調査研究所 古川さんに依頼し、寄稿してただきました。これを機に、平泉を訪れる観光客の皆さんにも多賀城に興味を持っていただき、多賀城政庁跡を訪れていただければと思います。
お忙しい中快諾していただいた古川さんには、この場を借りて深く御礼申し上げます。

多賀城と世界遺産平泉

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system